生理痛の女性

避妊を失敗することも考えてアフターピルを用意

アフターピルは避妊に失敗した時に、妊娠を回避するために使用する薬です。
アフターピルの中には女性ホルモンが入っており、女性ホルモンを体の中に入れることで、体内の女性ホルモンの量を変化させて妊娠を回避させる働きがでます。

月経周期に合わせて妊娠しやすい時期に性交を行う際、妊娠を望んでいない場合には避妊をすることが多いと思います。
絶対に確実な避妊方法をとっている人は少なく、ほとんどのケースで避妊に失敗してしまう危険があるといえます。
また月経周期を計算していたつもりでも、実は間違えて計算していたということもよく起こることです。
それ以外では、予期していなかった性犯罪に巻き込まれるという可能性もあります。
自分の意志に反して性交をされてしまう危険は全ての女性にありえることです。

もしも、そういったことが起こってしまった場合には、性交をした後にアフターピルを服用することで妊娠を回避できる可能性が残っています。
望まない妊娠をしてしまうと、その後の人生が大きく変わってきてしまうため、妊娠を望んでいない場合にはアフターピルを使用してできるだけ妊娠を回避するようにしましょう。

アフターピルは緊急的に使用する薬で、すぐに効果がでるように女性ホルモンの量が多めに入っています。
そのため、アフターピルを使用した時には副作用も出てしまうことがあります。
最もよく見られる副作用は吐き気です。
これは急激に女性ホルモンの量が変化することで起こると考えられており、アフターピルを服用した後に薬の成分が体に吸収されていくにつれて吐き気を感じる人が多いようです。

この時に吐いてしまうとアフターピルの成分が吸収されないため、効果が半減してしまうことがあるので注意が必要です。
アフターピルを服用する時には同時に吐き気止めを使うことで吐き気を軽くすることができます。
アフターピルを準備しておく時には吐き気止めも一緒に準備しておくと、いざという時に同時に使用できます。

アフターピルの正しい服用方法とは?

アフターピルの正しい服用方法は、避妊に失敗した性交の後にできる限り早く服用することです。
早いほうが避妊効果が高くなるからです。
基本的には性交の後72時間以内に服用した時に妊娠を回避できる効果があると言われているので、72時間以内に服用するように気をつけましょう。

アフターピルの服用方法に時間が関わっているのは妊娠が成立するまでの時間と関係しているからです。
性交をした時にまだ排卵が起きていない場合には、アフターピルを飲むことで体内の女性ホルモンの量が変化して、排卵を遅らせる作用がでます。
性交後に排卵が起こるまでの時間が長くなれば妊娠する可能性が低くなります。

もし、性交をした時に排卵が起こっている場合には、体内の女性ホルモン量を変化させることで受精卵が子宮内に着床してしまうことを防ぐことで妊娠を回避します。
排卵が起きている時には性交により受精卵ができている可能性がありますが、受精卵ができても子宮内に着床しなければ妊娠は成立しません。
そのため着床をしないように作用することで、妊娠を回避することができます。

これらのことは性交の後、ほぼ72時間以内に体の中で起こっていることだと考えられるため、それまでにアフターピルを服用して、体の中で妊娠が成立しないように働きかけていく必要があります。
そのため、性交後72時間を過ぎてからアフターピルを服用しても、効果がしっかりと出ずに、妊娠をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

そういった意味でも、アフターピルを事前に準備していけば性交後にすぐに服用することができます。
事前に準備をしておくことで早い段階に服用することができ、避妊効果も高まります。
避妊に失敗した時のことを考えてアフターピルを準備しておきましょう。

関連記事

ピックアップ記事
薬を飲み忘れた女性

2018.1.20

避妊用ピルは毎日同じ時間帯に服用することで体の中の女性ホルモンの量が一定に保たれるような作りになっているために、飲み忘れがあると避妊効果が弱…

ページ上部へ戻る