生理痛の女性

人気な低用量ピルと言えばトリキュラー

トリキュラ―

トリキュラーは日本国内のクリニックで、多く処方されている低用量ピルの1つです。
なぜ、日本ではこの低用量ピルが人気なのでしょうか。
トリキュラーは3相性ピルと呼ばれるタイプの低用量ピルです。
レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールというホルモン製剤を主成分としています。

レボノルゲストレルは黄体ホルモンと、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンと同じ働きをするのが特徴です。
体内の女性ホルモン量を安定化し、排卵をストップさせる効果を発揮します。
排卵しない状態となれば、ほぼ100%の確率で避妊効果を得られます。
また月経周期をコントロールしたり、サイクルを正しい周期へと戻すといった事もトリキュラーを服用する事で得られる効果です。

女性の悩みを解消できる医薬品として、トリキュラーは多くのクリニックで治療に用いられています。
3相性ピルのトリキュラーは女性本来の自然なホルモンバランスに近くなるように、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの含有量がが3段階に変化してあるのも特徴です。
少しずつ体内の女性ホルモンバランスを変えて行くので、身体に負担が少なく副作用も起こり難いと言われています。
この副作用が起こり難いという安心から、国内ではトリキュラーが人気を集めているようです。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。
21錠タイプの場合、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを配合してある本薬を21日飲み続けて、7日間は飲まない休薬期間を設けます。
28錠タイプの場合は、21錠分だけレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが含まれており、残りの7錠は偽薬といって有効成分は配合されていません。

ピルは正しく服用しないと効果を発揮しない医薬品です。
28錠タイプは休薬期間を含めて、錠剤を飲み続ける事になります。
また、どちらのタイプにも錠剤に赤・白・黄色の色がついており、いつどの錠剤を服用すれば良いのか分かりやすく作られています。

トリキュラーで生理周期をコントロールする方法

トリキュラーはレボノルゲストレルという成分が配合された経口避妊薬で、正しく服用することで月経周期を安定化させることができるため、避妊以外にも月経の周期をコントロールすることができる薬です。
トリキュラーを使って生理の周期をのばしたいときは、月経が来る予定の日の5日前から服用を始めます。
服用している間は生理が来ませんので、旅行や大事な予定に重なりそうなときには、生理予定日の5日前からトリキュラーを服用します。
生理の日を早めたい時には、ずらしたい生理の前の周期の生理中に飲み始めます。
服用している間は生理が来ません。来てほしい日の二日前で飲み続けることで周期を早めることが出来ます。

トリキュラーには21錠のタイプと28錠のタイプがあります。
28錠のタイプには偽薬が含まれており、休薬期間中も偽薬を飲み続けることになります。
休薬期間は何も飲みたくない方には21錠タイプ、休薬期間が終わって新しいシートを始めるのを忘れたくない人は、28錠タイプを選ぶと良いでしょう。

避妊効果はどちらも同じで、トリキュラーは正しく飲むこととで理想的な避妊効果を得ることが出来ます。
服用中に生理をコントロールしたい時にも基本的には同じで、1シートを飲み終えて休薬期間に入る際に偽薬を飲まず、次のシートを飲み続けることで生理の周期をずらすことが出来ます。
この方法では自由に生理の周期をコントロールすることが出来ますので、温泉や旅行、海やプールなど出血してほしくない時には最適の方法といえるでしょう。
早く来てほしい時は、服用している途中でやめると数日後に出血が始まります。
どちらか行いやすい方法で月経のコントロールをすると良いでしょう。

関連記事

ピックアップ記事
薬を飲み忘れた女性

2018.1.20

避妊用ピルは毎日同じ時間帯に服用することで体の中の女性ホルモンの量が一定に保たれるような作りになっているために、飲み忘れがあると避妊効果が弱…

ページ上部へ戻る