生理痛の女性

マーベロンで生理日を遅らせることができる

マーベロンは低用量ピルなので、避妊や月経痛の解消、出血量の調整などに効果を発揮しますが、飲み方を工夫することで生理日を遅らせることができます。
マーベロンは生理が来た日を1日目として、薬を飲み始めます。
21日もしくは28日の薬が用意されていますが、毎日一定時刻に飲むことで、体の中のホルモン量を一定にすることができます。
どちらの薬も21日目までは低用量のピルの成分が含まれています。

21日タイプは22日目からは薬を飲みませんが、28日タイプは最後の7日間は偽薬といって、成分は入っていません。
生理の予定日が旅行の日に当たってしまったという場合、月経移動をしたいと思うでしょう。
そのような時は、予備のイートが必要なので、医師に相談しておくと安心です。

まず、通常通りマーベロンを服用していきます。
22日目からは偽薬もしくは薬を飲まない期間に入りますが、生理を遅らせたい日まで継続してマーベロンを服用します。
旅行が終わるなど、生理がきてもいい日になったら、薬を飲むのを辞めるか、偽薬を飲むと数日のうちに生理がきます。
月経移動をしてから生理がくるまでには個人差がありますが、偽薬を飲んでいる間にくることが多いので1週間以内と言えるでしょう。

変更後のマーベロンの飲み方はいつも通りになりますが、偽薬を飲んで8日目、つまり新しい薬を飲む時期になっても生理の出血が続いているケースがあります。
そのような場合でも、新しい薬を飲んでも構いません。

毎日同じ時間に継続的に飲むことで、体内のホルモン量をコントロールすることができます。
朝食後や、寝る前など、自分のライフスタイルに合わせて飲むようにすることが大切です。
マーベロンを使って生理を遅らせることができるのは、旅行などの際にとても便利です。
ただ、すでに偽薬に入っていたり、薬を飲むのを辞める時期ですと、間に合いません。
計画的に進める必要があるので、旅行などは日程が分かった段階で調整しましょう。

マーベロンで生理周期を遅らせたら出血量が多くなる?

生理の周期を遅らせることを月経移動と言いますが、旅行や大切な予定と生理が重なってしまう時にはマーベロンを使った月経移動が安全で便利です。
生理の予定日の5日程度前から一定時刻に毎日服用することで、マーベロンを服用し続けている限り月経が来ることはありません。
予定が終わって服用をやめると1週間以内に月経が来ます。
変更後は出血量が増えたり、月経痛を伴うことがありますが、この症状には個人差があります。
生理を止めていた分だけ経血の量が増えたと感じる人が多い傾向にありますし、月経痛を感じる人もいますが、それにも個人差があります。

マーベロンを使って月経移動をした場合、その後の生理周期に乱れが生じることがありますが、これは女性ホルモンのバランスが変化したことによるものですが、日数を経るごとにピルを飲む前の状態に戻るのが一般的です。
マーベロンで生理周期を遅らせた場合、多くの女性がその後出血量が多くなったと感じたり、その状態が数か月続く場合もあるようです。
それは薬で出血しないように食い止めているためという意見もありますが、全く症状がない女性がいるのも実状です。
マーベロンで月経移動をする場合、遅らせるよりも早く来させる方が簡単という意見もありますので、出血量が多くなることが気になる方の場合早く来させる方法を選ぶのも一つの方法です。

マーベロンで月経を早める方法としては生理中に服用をはじめ、来てほしい3日前に服用をやめるという方法で、この方法の方が確実という意見もあります。
生理周期を遅らせる場合、ピルユーザーとそうでない人の場合方法が異なります。
ピルユーザーの場合、厳密には出血は生理ではありませんのでそこまで経血の量が多くなることはありません。

関連記事

ピックアップ記事
薬を飲み忘れた女性

2018.1.20

避妊用ピルは毎日同じ時間帯に服用することで体の中の女性ホルモンの量が一定に保たれるような作りになっているために、飲み忘れがあると避妊効果が弱…

ページ上部へ戻る