生理痛の女性

ピルは通販でも購入可能です!

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが含まれており、主に避妊を目的として利用されます。
避妊以外にも生理周期の安定や生理痛の軽減、経血量の減少などを目的として利用される場合もあります。
また子宮内膜症の予防や進行停止、子宮体がんや卵巣がんのリスク軽減にも有効です。
エストロゲンの含有量の違いによって、超低用量ピルから高用量ピルまで4種類に分類されます。
現在では低用量ピルが広く使用されており、インターネットの通販サイトでも購入できます。

1960年にアメリカでピルが承認された当初は、エストロゲンが50マイクログラムを超える高用量ピルが使用されていました。
しかし高用量ピルを使用すると、体への負担が大きくなります。
1973年に低用量ピルが開発されると世界中に普及しました。日本では1999年に承認されています。
低用量ピルにはエストロゲンとしてエチニルエストラジオールが含まれていますが、プロゲステロンには4種類が存在します。
プロゲステロンの違いによって4つの世代に分類されます。

ピルは28日周期で継続的に使用します。
21錠タイプと28錠タイプがありますが、28錠タイプに含まれる7錠は偽薬です。
21錠タイプでは7日間の休薬期間があります。
28錠タイプは休薬期間も偽薬を服用して、継続的にピルを使用する習慣を身につけることができます。
ピルには計画的に使用するものの他にも、緊急避妊薬と呼ばれる種類が存在します。
いずれも病院で処方を受けることができますが、通販サイトを利用して個人輸入することも可能です。

病院でピルを処方してもらう場合には、基本的に自由診療とされます。
月経困難症などの治療を行う場合は保険が適用されることもあります。自由診療なので実際の費用は病院によって違います。
ピル自体の価格は1シートあたり2千円から3千円です。
緊急避妊薬の処方を受けるには1万円から1万6千円の費用が必要になります。
通販サイトではジェネリック医薬品も販売されており、安い価格で購入できます。

ピルを通販で買う時はまとめ買いがお得

病院で低用量ピルの処方を受ける場合には、基本的に保険の適用外なので高額な費用が必要になります。
1シートあたりの価格は2千円から3千円です。初回だと診察料や検査料などもかかるので、約1万円が必要になります。
通販サイトを利用して個人輸入を行えば、低用量ピルが1シートあたり1200円から1300円で購入可能です。
緊急避妊薬も1錠あたり800円から1300円で販売されています。
通販サイトを利用すれば、病院で処方を受ける場合よりも安い価格で入手できます。

超低用量ピルを病院で処方してもらう場合には、自由診療なので1シートあたり6千円から7千円必要です。
しかし通販サイトでは2700円ほどで購入できます。
エストロゲンの含有量が多いと静脈血栓塞栓症などの副作用が起こりやすくなります。
しかし超低用量ピルならば、体への負担が少なくて済みます。
通販サイトでは豊富な種類の医薬品を扱っています。先発医薬品だけでなく、価格の安いジェネリック医薬品も豊富なので経済的です。

日本国内で未承認の医薬品は、輸入・販売が禁止されています。
しかし個人的に輸入するのであれば合法です。通販サイトでは個人輸入の手続を請け負っているだけなので、法的な問題はありません。
PCだけでなくスマホでも注文できるので便利です。
また一定数以上の医薬品をまとめ買いすると、価格が下がる場合があります。
さらに一定額以上をまとめ買いした場合には、送料が無料になる通販サイトも存在します。

医薬品の個人輸入には複雑な手続が必要ですが、通販サイトを利用すればPCやスマホでピルを気軽に購入できるので便利です。
ピルには様々な種類があり、基本的に保険が適用されません。
通販サイトでは豊富な種類のピルを扱っており、避妊の費用を抑えることができます。
ジェネリック医薬品を通販サイトでまとめ買いすれば、病院で処方を受ける場合よりも大幅に費用が下がるためお得です。

関連記事

ピックアップ記事
薬を飲み忘れた女性

2018.1.20

避妊用ピルは毎日同じ時間帯に服用することで体の中の女性ホルモンの量が一定に保たれるような作りになっているために、飲み忘れがあると避妊効果が弱…

ページ上部へ戻る